違法業者の手口と言いなりにならないために

クレジット現金化の流れはクレジットカードのショッピング枠を利用して商品を買って、それを現金化すると言う物である事は紹介した通りです。
これは現金化をすると言う時点で商取引があったとみなされるので、貸金業法や出資法などの法律には触れる事が無く、グレーゾーンを利用したものです。
その為このグレーゾーンの範囲内でクレジット現金化を行っている業者は違法になる事はありません。
しかし中には違法な業者も存在します。
その違法な業者の手口にはどのようなものがあるのでしょうか。

違法業者の手口

商取引をするにあたり、無価値なものに大きな売値を付けて取引をしたり、消費者に商品を選ぶと言う選択肢を与えない、商品を購入した際に消費者の手元に商品が届くと言うステップを初会のみ行い、その後はそのステップを省く、消費者のクレジットカードを業者側が保持して決済を行う、と言う物が挙げられます。
また、手作りものを商品としたりする事もあるようです。

違法業者の言いなりになるとどうなるのでしょうか?

違法業者の手口にすっかり騙されてしまい、その言いなりになってしまうと、いくら商取引のスタイルを守っていても、この取引はショッピング枠を現金化する為に行っているのではないか?とカード会社や国から目を付けられる事になるでしょう。
そうなると危ない橋を渡るようなものです。
あくまでも違法業者の手口の言いなりにならないようにする為には、違法ではない業者を選ぶ事に尽きます。