クレジット現金化を利用して現金化する時の詐欺行為には注意が必要

クレジット現金化は時には悪徳業者に当たってしまい、詐欺被害にあう事があります。
いくら現金化できるからと言っても、自分自身が損をして騙されてしまようでは元も子もありません。
これまでに詐欺被害にあった例としてはどのようなものがあるのでしょうか。

換金率の違い

これは現金化業者のホームページに記載されている換金率と、実際の換金率が違っていたと言うものです。
その理由として業者側の言い分としては、事務手数料や審査料等が発生する為に、換金率が下がると言う事が多いようですが、クレジット現金化を利用して現金化をするには、審査料等は発生する事がありません。
事務手数料があったとしても法外な手数料と言う事はおかしな話です。
換金率に影響するほどの各種手数料があるとしたら、それは悪徳業者の詐欺行為かもしれないと思った方が良いでしょう。

キャンセル料金の請求

クレジット現金化を利用して現金化する場合、一般的な換金率の相場は80パーセントだと言われています。
しかしこの相場を下回るようなときには、換金率の違いでも紹介したように、詐欺行為かもしれないと思う方もいる事でしょう。
そう言った事に気づいた時に、やっぱりクレジット現金化を利用して現金化をする事をやめますとキャンセルを申し出た時に、キャンセル料を請求されるのは完全に詐欺行為と言えるでしょう。
なぜなら、商取引が事実行われていないし、キャンセルする時点で業者側に商品が渡っている可能性が低いからです。